このページの先頭です

導入事例CASE STUDY

ここから本文です

CASE 3 / 倉敷由加温泉ホテル 山桃花 様

「ヒートポンプによる省エネルギー」

創業以来働き続けた温水機の更新にあたり
いかに燃料費を削減するかが課題でした

倉敷由加温泉ホテル 山桃花 様

瀬戸大橋が架かる児島の町の「由加山」に立地する温泉ホテル。こだわりの料理と温泉を求めて訪れる方の中には、関西圏からの常連様もいらっしゃるそうです。倉敷・岡山への観光拠点とされる方が多いようですが、由緒深き由加神社などのお立ち寄りスポットが点在するホテル周辺も魅力的です。

client_img

導入のきっかけ

省エネの課題解決にハイブリッドを採用

創業から24年を迎え、長年使用してきた温水機も老朽化が進んでいました。お客様に当館の温泉をご満足いただくには温水機は欠かせません。更新にあたり念頭に置いたのは、やはり省エネの問題でした。そこで単なる最新の高効率温水機に更新するだけでなく、より省エネ効果が見込まれる「ハイブリッド給湯システム」を日本サーモエナーに提案いただきました。結果として更新前と比べると、約20%の燃料費が削減出来ました。

支配人  槙尾要人様

支配人  槙尾要人様

日本サーモエナーの提案

ハイブリッド給湯システム

ベース負荷は高効率のヒートポンプでまかないピーク時にはバコティンヒーターで補うハイブリッド方式をご提案

今回導入頂きましたハイブリッド給湯システムはヒートポンプ給湯機と燃焼式温水機を同じシステム内に組み合わせ、それぞれの特長を活かすことで省エネが可能です。また温水機は山桃花様の地下ボイラ室の大きさを考慮し、従来機に比べ省スペースタイプのGML型をご提案しました。

  • img01
  • img01

proposal_img

導入後の効果

高効率なハイブリッド給湯システムの導入により

ガス使用量が大幅に削減し、大きな省エネ効果を実現

effect_01

導入製品の紹介

  • effect_01

    ヒートポンプ給湯機

    GEC-05H2型

    加熱能力

    :15kW(中間期)

    消費電力

    :3.59kW

    詳しくはこちら

  • 導入後の効果

    真空式温水機
    (バコティンヒーター)

    GML-400CP(屋内用)

    出力

    :465kW

    効率

    :92%

    最高使用圧力

    :0.49MPa

    詳しくはこちら

CONTACT

ボイラに関するお問い合わせメンテナンス・故障・不具合など
緊急のご相談

  • フリーコール
  • 0120-088-874(24時間対応可能)

または、最寄りの営業所
までお電話ください